神奈川県立有馬高等学校
サイトマップ 
学校概要 学校紹介 コース紹介 学校行事 学校生活 部活動・生徒会 進路状況 中学生の方へ 保護者の方へ
HOME学校概要
学校概要◆
 設置コース及び生徒数 教育目標 ■教育方針 ■学校目標
 
  ■学校評価実施  ■不詳事ゼロプログラム ■行政 予算・決算 
創 立:昭和58年(1983年) 1月
課 程:全日制
学 科:普通科(一般コース・英語コース)
住所:海老名市社家240(〒243-0424)
電話:046-238-1333(代表)
 (電話番号・Eメールはトップページ最下段をご覧ください。)

 校長挨拶
     

    
    
 ご挨拶

校長 玉井 正史

 

 有馬高校は今年で開校35年目を迎えます。この間、11年目の平成5年から外国語コース(平成25年に英語コースに改編)を設置し、米国や韓国の姉妹校との交流を重ねるとともに、平成20年にはユネスコ・スクールに登録され、英語力・国際教養を高めるグローバル教育を推進してきました。

 今年度の1年生から英語コースは募集停止となりましたが、これまで英語コースを中心に培ってきた教育力を活かして、グローバル教育の旗をさらに高く掲げ、全クラス、学校全体で世界を視野においた国際教育を展開しています。

現在、神奈川県では「自立する力・社会を生き抜く力を育成する質の高い教育」を目指した高校改革が展開されていますが、本校では国際教育に加えて、自ら課題を発見し解決するための思考力・判断力・表現力を育む教育活動を通して、これからの時代に求められる資質・能力の育成に努め、「伸ばす∞学力・知力、育つ・育てる∞無限大」のキャッチフレーズを実現していきたいと思います。

今後とも、有馬高校へのご支援、よろしくお願いいたします。

 設置コース及び生徒数

  1年 2年 3年
一般コース 318 (8) 277(7) 273(7) 868(22)
英語コース 41(1) 35(1) 76(2)
合計 318(8) 318(8) 308(8) 944(24)

(かっこ内はクラス数,2017.4.15現在)
 教育目標

チャレンジ精神を持ち、未来を切り拓く人間を育成する。

 教育方針

(1)学力・知力の向上
       自学自習の習慣を身につけさせ、学習を深く追求する姿勢を常に持たせる。

(2)マナー・モラルの向上
     他への思いやり、他を尊重する態度を育成する。 
       団体の中の個を意識させ、規律ある学校生活を送らせる。
(3)学校全体の活力向上
      行事や部活動等を通して、様々な機会を与え、失敗を恐れず、挑戦する姿勢を育てる。
      上記の教育方針を具現化するにあたり、

    教職員は
 
生徒に「考える力」、「コミュニケーション能力」をつけるよう授業を工夫し、改善する。通常の授業以外にも、必要に応じて、補習授業等で学習支援する。
日常のあらゆる場面を活用して、人権意識を育てる。
生徒に時間を守ることの大切さを教える。
規範意識を教え育てる。
職員自ら率先して挨拶を励行し、挨拶のできる生徒を育てる。
清掃活動を徹底させ、学習環境を整えさせる。
学校行事や部活動への積極的な参加を促す。
生徒の自主的・自治的な活動を育てる。
生徒一人ひとりを理解し、それぞれの進路希望の実現を支援する。

 学校目標
 平成29年度 学校目標
 学校評価実施報告書
平成28年度 学校評価実施報告書
 有馬高等学校不祥事ゼロプログラム
 平成29年度 不祥事ゼロプログラム
 平成28年度不祥事ゼロプログラム検証
 平成28年度 不祥事ゼロプログラム検証
 行政コスト計算書
 平成28年度 行政コスト計算書
ページTopへ戻る

Copyright 2012 神奈川県立有馬高等学校 All Right Reserved